雛人形供養・処分方法

トップページ


雛人形の供養・処分で困っているなら・・・

自宅にある雛人形…。

ずっといるとなんだか魂が宿っているような気がする…
気味が悪いけど捨てるとたたられそう…


このようなお悩みなら、雛人形のお祓いという方法がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、もしかして霊症?というような何かがある場合は、即対応してくれるサービスを選ぶのがポイントです。

うちの雛人形が少し怖い…気になる


悪い夢にうなされる、雛人形に何かの気配を感じる。

体調不良や人間関係の悪化などよくないことが起こった時に、ふとあの雛人形やぬいぐるみのことが頭によぎる。

このように気になっている場合は、「雛人形の供養・お祓いをしてもらう」というのも一つの手です。

【お急ぎの方へ】
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円で雛人形やぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


雛人形の処分について

雛人形って人によって捉え方や考え方が変わるので、色々な方法があります。費用の違いや、どれが納得できるかなどを考えながら自分はどのケースがあってるのかチェックしてみてください。

■ ごみとして出す

とりあえず、一番最初に検討するのが無料でできるこの方法ではないでしょうか?UFOキャッチャーのぬいぐるみだったり、欲しくないけどもらったような、一緒にいる時間が短かったり、特に思い入れのないお人形については、ゴミとして処分する方法が多いようです。

■ メルカリやヤフオクで出品する

状態がいいものだったり、有名な雛人形であればメルカリやヤフオクで売ってしまうのも手です。着せ替え人形やドールなどはお洋服と合わせて人気のようです。

■ 誰かにあげる

もしかしたら、今手元にある雛人形やぬいぐるみの中にも誰かにもらったものがあるかもしれませんね。

というわけで、誰かにあげるというのも、処分する方法としては有力です。

■ リサイクルショップに売る

ケース付きだったり、ある程度品質がよいものであればリサイクルショップなどのお店で売ることもできます。

■ 寄付する

雛人形やおもちゃといった子供向けのものを寄付として集めて必要な人に送ってくれる団体がいくつかあります。高価ではなくても大切にしていたお雛人形などは、きっと喜ばれるでしょう。

■ 神社やお寺で供養してもらう

雛人形供養というのは、意外とメジャーなイベントで全国各地に神社やお寺で行われています。

大切にした雛人形を供養する他にも、たたりが怖いというちょっと怖い雛人形の処分にも選ばれています。

地域によっては近くに対応した神社やお寺が無かったり、決められた時期でしかやっていなかったり、意外と料金が高かったりするというケースもあるのでご注意ください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

雛人形供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

雛人形の処分の仕方のまとめ

捨てる場合や売る場合は、すぐにやろうと思えばできるはずですが、実際には手放すのに少し抵抗を感じるという方が多いのではないでしょうか?

そこで、おすすめしたいのが「雛人形の供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫ですが注意があります。

規定の160サイズ、170サイズというのが一般的な配送業者で対応している大きなダンボールの上限ですが、これを超えてくると、お祓い自体が3,300円でも送料が高くなることもあるので注意が必要です。

Q. 送った雛人形やぬいぐるみはどうなるの?

A. 処分ないしは寄付になるそうです。

お祓いが終わった後は、この二つのうちどれかになります。お祓いの後に送り返して欲しいという場合は、別途相談とのことでした。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に包んでおくりましょう

古すぎて布地がボロボロになっていたり、少し臭いなどがあるような場合は透明な袋にいれてからダンボールに入れると受け付けてもらえるようです。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫ですか?

A. もちろん大丈夫です。

人形のお祓いと供養の専門サービスなので、そのような事情のお人形も送って大丈夫です。送ってすぐ対応してくれるのと、メールで連絡をしてくれるので、その点も安心です。


人形供養コラム

御霊抜き、ちょっとだけ難読漢字ですが読める方はいますか?おしょうぬきと読みます。

お墓から遺骨を出す際などに行う法要の事で閉魂法要や閉眼法要とも呼ばれています。

なぜお墓やお仏壇を処分する際にそのような法要を執り行わなければいけないのかというと、そもそもお墓やお位牌を使い始めるときに御霊入れという儀式を行っているためです。

御霊入れを行うことでお墓に魂が宿ると考えられています。

ですので、仏壇を処分したり墓じまいをするときには込められていた魂を抜かなけばいけないのです。

ゆえに、魂入れが済んでいない位牌はただの置物でしかありません。

家にある雛人形にお困りの方はいませんか?娘さんが大きくなりもう飾る機会もないという人もいるでしょう。

巣だった娘さんが引き継いでくれればいいのですが子供を考えていない夫婦の場合無用の長物になる可能性もあります。

子供の成長につれ自ずと飾られなくなるものですし、ただひたすらタンスの肥やしになってしまうのが雛人形ですよね。

これからは終活として家の物を処分しなければいけなくなりますので健康なうちにいろいろ処分していくことが大切です。

雛人形など小さいものは可燃ごみとして出すことができますがガラスケースに納められた雛人形は粗大ごみに出さなければいけません。

家にぬいぐるみやドールなどといった人形がたくさんあるという方も多いかと思いますが結婚のタイミングなどでそろそろ処分しなければと考えている方もいるでしょう。

でも人の形をした人形ってなんだか捨てても戻ってくるようなそんな恐怖感がありますよね。

近隣の神社で人形供養をしているようであればお焚き上げしてもらうことができると思いますが、近くに人形供養をしている神社がないという人が大半かと思います。

そういう時は郵送で人形供養を受け付けている霊媒師の方などにお願いすると安心です。

いいかげん人形を捨てたいのだけどそのまま捨てるのはなんだか怖い。

神社やお寺で処分をお願いしようと思っても人形供養のお布施っていくらするか検討もつかないので結局処分できず途方に暮れているという方はいませんか?人形を処分するのにどうしてお金がかかるの?と思われた方、お守りや破魔矢は神様にお返しするという意味があるので人形とは意味合いが違うのですよ。

肝心のお布施の金額ですが、直接聞いていいものなのかちょっと悩みますよね。

そんな悩める方におすすめなのがお焚き上げの金額を明示している人形供養専門サイトです。

ぬいぐるみに囲まれた生活を送っているという人はいませんか?我が家には100体以上のぬいぐるみがあり、さすがに増えすぎだと親から怒られたのでそろそろ処分を考えているのですがゴミ袋に入れようとするとなんだか申し訳ない気持ちがわいてきてどうしても捨てられません。

そんな時ネットの広告でみかけたのが人形供養でした。

神社へ行かずとも箱詰めして送付するだけできちんとお焚き上げをしてくれるというものです。

たかがぬいぐるみを処分するのにお焚き上げなんてと思うかもしれませんが私には捨てるということができなかったのでこれで良かったと納得しています。

古い人形の処理にお困りの方、ゴミ袋に入れるのはなんだか後ろめたくて折角なので人形供養をしてあげたいと思われている方もいるかと思います。

しかしながら気になるのが料金ですよね。

ゴミとして処分してしまえばお金は1円もかからないわけですから。

なるたけ低価格の金額で人形供養してくれるところを探しているという人に紹介したいのがインターネットで申し込み可能な人形供養です。

ほとんどが1箱いくらで対応しているので人形がたくさんあって困っているという人は利用してみてはいかがでしょうか。

保育園時代大切なお友達はお人形だったという人もいるのではないでしょうか。

そんな大切なお人形、いまどこにあるか覚えていますか?お人形を処分できない人に理由をたずねたところ、思い出がよみがえってくるので捨てられない、お母さんの手作りだから捨てられない、ひな人形だからなかなか捨てられない、妹のようにかわいがっていたので捨てるに捨てられない、捨てても戻ってくるといったホラー映画のイメージがあって捨てられないといった理由が寄せられました。

お人形の処分方法にお悩みの方は人形供養でお焚き上げがおすすめです。

最近では箱詰めにして送付するだけでOKという神社も増えていますよ。

人形の町としてしられる岩槻では人形供養祭という行事が行われています。

小さい頃に遊んだお人形を供養してくれるというものです。

対象品は日本人形や雛人形のほかぬいぐるみやフランス人形などです。

鎧兜を来た五月人形も供養の対象ですが、陶器製のビスクドールは対象外となっています。

毎年11月3日に開催されているのですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2021年は中止となりましたが発送による受付はあるので供養自体は行ってもらえます。

供養料は配送料含まず4000円からとのことですが上限はないけど下限はあるということかと思います。

人形供養・人形処分でお困りなら

スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓